NO IMAGE

宅配のバースデーケーキを始める

バースデーケーキはお菓子屋さんには必ず必要な商品である

なぜ、バースデーケーキが必要なのか?

お菓子屋さんを経営する上で、単価の高い商品だから経営的にはおさえておきたい。
来店の回数が上がり、4人家族だと年に4回はきていただけるとなると、
3ヶ月に1度はきてもらえる計算になり、
イベントごとの告知、シーズンの新商品も提案がしやすくなる。

と、まあ他にも色々とあるのですが、要は関係性を高めて、リピートしていただける点が大きいです。

ここまで書くと、営業のためじゃん、なあんだ。お商売なのね。。。

なんて気持ちになって、注文する方も萎えてしまいますよね。

もちろんそんなことだけ書きたくてブログをしてるのではないのです。

「幸せを作り、届ける」

この上のお話を聞いた後だと、営業トークでしょ?
って感じるかもしれないですが、、

この「幸せを作る」は結構本気でパティシエたちは考ています。
おそらく想像のうえをいくくらいの勢いです笑

バースデーに限らず、お菓子をつくる行為そのもののベクトルは
食べてくれる人、送る人の「幸せ」に全集中です。

でも、その想いを続けていくことには、継続可能なお商売である必要があります。

どうしても、それは仕方のない避けられない事実なのです。
まぁ、お商売自体は全然悪くはないのですが、、、

話がそれたので戻しますね。

宅配のバースデーケーキは便利。

お客さん側としては間違い無いです。

配達する側は手間は増えますし、車で運ぶので危険もともないます。
お客さんも同じ危険はありますが、仕事中ということで現場に早く帰らなくちゃとか、
いろいろ考たりと、注意散漫になることも。
あと、家の場所がわからないのも焦る焦る、、泣

そして、ご注文自体もLINEやインスタのDMとかからくるから、
ご来店を一度もない状態でお渡ししてしまうこともあります。

自分たちのことばかり考えていたら、ご来店いただけないことはお店を飾っていても
みていただけないから、なんか損をしてるような気持ちになってしまったり。。。

子供を持ってよく分かったこと

お祝いしたい年頃の子供、特に小さいときの子供にしてあげたい気持ちは半端ない。
僕は現在1歳9ヶ月の子供がいますが、息子に人生の主役を譲ってるくらいの気持ちです。

そんな小さな子供を連れての買い物は至難のワザなのです。

一番祝ってあげたいのに、お店のあいている時間は旦那さんが会社。私は子供を見ている。

スマホを使っての注文すら大変なんです。

そこでご来店をいただくことなく、スマホで注文して、
なおかつ届けてくれるサービスは「神」レベルなんですよね。

ほんと、なんとかお菓子屋さんに到着しても、
お店からケーキを駐車場の車に乗せるだけでも大変。

そんな経験から、あったらめちゃ助かるじゃん。を形にしました!

今はまだまだ始まりの段階でそんなに種類もないのですが、
ゆくゆくはオーダーメイドのケーキも作りたいと思っています。

シェアキッチンという場所を使ってバースデーケーキに特化できたら?
3階という立地から考えたり、過去のいろいろを組み合わせて見ました!

良かったら、ご連絡くださいませ!

🔻こちらからDMで注文できます! 
(お店は奈良(斑鳩町)遠い場所は対応が難しいことがあるのでご理解くださいませ。

https://instagram.com/sangaiagaru_horyuji?utm_medium=copy_link

NO IMAGE
高木モトヒロの最新情報をチェックしよう!

お菓子を販売するの最新記事8件

NO IMAGE

〜高木モトヒロのアトリエ〜

ようこそ! 高木モトヒロはパティシエであり、クリエイターです。 色んな企画やアイデアをカタチにしたり、表現しているところが欲しいいと思い、このサイトを立ち上げました。