お菓子教室を考える

現在シェアキッチンにてお菓子の塾を始めている。
この塾はブランドの構築までを考えているので、なかなか深いことをしている。

ここではそのことに触れることなく、今のお菓子教室への想いを書いていこうと思う。

とはいえ、ゆくゆくはシェアキッチンを利用してくれる人を増やしていきたい。
そこに集約されるのかもしれないが、基本的はお菓子のことを知りたいと思ってくれる方に向けて
自分のできることをやっていけたら?なんて思っているのである。

なんのためにお菓子教室をするのか?

これはなかなか簡単には伝えることはできないのだけれど、
自分は27年間お菓子を作り続けてきて、お店もやってきて、スタッフも雇い思うことがある。

少し経営者目線で赤裸々に語りたい。

・技術を覚えたら辞めてしまう

・想像しているよりも、スタッフ自身がモチベーションを保つのに苦労する

・給料を払いながらも、気を使わなければいけない

・仕事を作ってあげなくてはいけない、

などなど、なんというか結局のところお店の維持のために雇っているのだが、
戦力になるまでに時間はかかるわりに、かなり精神的にもコストがかかるのである。

最近ではパワハラだのなんだので、昔のような体育会系ではいられない。

それでも、覚えてきた技術は伝えていかなくては、もったいない。

それなら、きちんと覚えていきたいという人に伝えた方が断然きちんと技術継承していけるのでは?
さらにはシェアキッチンで行う「塾」でお店を運営してきたときに培ったノウハウなんかも伝えれる。

いやらしい話だが、お金をいただいて、それを伝えるのである。
時間もある程度決まった制限の中でだ。

ほんといやらしい話だ。でも、それだけの気持ちを持ってきてくれる人には

きちんと教えたくなるのが人情というものだ。

で、お菓子屋さんを辞めたいま、アトリエもあることだし、やらない理由はないのである。

という経緯で始めるのであるが、なんといっても大切なのは中身。

それをどうやって準備して、深堀っていくのか?

そのあたりもこのブログで伝えていきたいと思う。

ポイントは、どんなことをするのか?そして進め方になるだろう。
その辺りもシェアキッチンで塾をすることで、より深くメンバーさんから教えていただくことができるだろう。

一緒に準備していこう。

高木モトヒロの最新情報をチェックしよう!

高木モトヒロの最新記事8件

NO IMAGE

〜高木モトヒロのアトリエ〜

ようこそ! 高木モトヒロはパティシエであり、クリエイターです。 色んな企画やアイデアをカタチにしたり、表現しているところが欲しいいと思い、このサイトを立ち上げました。